風俗で見せた俺の本気

感動としか言えない世界だった

感動…その一言ですね。この前遊んだCさん。綺麗系の顔立ちの風俗嬢でしたけど、あれだけ綺麗な顔をしているのに最高の胸を持っていました。もっと地味というか、そんな凄いのかなって気持ちもあったんですよね。服を着ている段階では彼女の巨乳に関してはそこまで気付かなかったんですよ。でも服を脱いだ彼女の巨乳は、はっきり言って最高レベル。あれだけ物凄いことになっているとは思っていませんでしたね。だからこそ、自分も彼女とのプレイには興奮を隠しきれませんでした。しかもあれだけの顔面と胸を持っているのに、かなり上手で積極的。風俗嬢として彼女は完璧なんじゃないかなと思いましたし、これだけ楽しめたのであれば自分自身、何も言うことはないなって思った瞬間でもありましたね。あれだけ楽しい時間を過ごせただけでも、自分の中では彼女との時間は忘れられないものになったと断言出来ます。挟み方なんて未だに脳裏に焼き付いているくらいですよ…。

機は熟した。それだけです

機は熟した。そう感じる時にこそ、風俗で遊ぶようにしていますのでそこまで回数は多くはありません。何となく遊ぼうかなってことよりも、むしろタイミングの問題もやっぱりそれなりにあるというか、どうするのがベストなのかということは自分でも考えますよね。せっかく遊ぶならベストのタイミングで遊びたいものじゃないですか。むしろそこで自分なりにいろんなことを考えるのも風俗の楽しさだと思うので、タイミング、そして情報を集めること。この二つこそ、風俗の楽しさと言っても良いんじゃないのかなと思うようになりましたね。これらを意識することによって、見えてくることもあるんですよ。特に自分でも実感しているのが、冷静な時に情報収集した方が客観的に考えられるってことです(笑)風俗で遊ぼうって思っている時だと、誰もが良さそうに思えてしまうんですよね(笑)ちょっとした興奮状態なのでそれも致し方ないかなとは思いますけど、選ぶ段階では冷静さが大切ですし。