風俗で見せた俺の本気

ストレス解消の決定版だと思っています

ストレス甲斐性の決定版。それが風俗なんですよね。ストレスう甲斐性だけじゃなく、風俗にはいろいろなメリットがあると思いますけど、自分が一番お世話になるのはイライラしている時なんです。欲求不満とはまた違ったイライラですね。仕事中にイライラさせられることがあるのは仕方ないと思うんです。それだけ一生懸命だからこそ、イライラしてしまうんですから。でも、イライラしてくると正確な判断が出来なくなってくるものだし、そのおかげで自分の考え方にも悪影響が出てしまうことも懸念されるじゃないですか。だからイライラしている時にはストレス解消を心掛けるようにしているんです。特におすすめはソープですね(笑)快感を待つだけではなく、自分からも動けるからこそ、快感と共にストレス発散にもなるんじゃないかなって思いますね。それにソープは男として満たされる部分もあるじゃないですか。満足感を覚えると、それまでのイライラが勝手に消えているんです。

風俗で思う、自分の性感帯

風俗に行くと、自分の性感帯がどこにあるのかがよく分かりますよね。特に思うのは、オナニーの時とは全く違うってことです。それまでとは全然違う所というか、自分が想定していないところを風俗嬢に攻められると自分でもドキドキワクワクですよ(笑)まさに自分の価値観そのものが広がっているその瞬間と言っても良いじゃないですか(笑)本来であればそういったことはそうそうないというか、自分だけでオナニーをしていても性感帯に気付かされることってないと思うんですよね。でも風俗嬢相手だと、こちらに対していろいろな奉仕をしてくれるのもあって、そこで改めて新しい何かに気付かされることもあるんです。それが結局は大きな魅力でもあるんじゃないですかね。だって自分では気付けないんです。しかもそこで気付かされると、オナニーに役立つことだってあるじゃないですか(笑)風俗はその場だけが気持ち良いものじゃなく、性生活そのものに刺激をもたらしてくれるんです。