風俗で見せた俺の本気

風俗、覚えましたよ

今思えば、何であそこまで緊張していたのか自分でも分からないんですけど、昔は風俗で遊ぶことがとてつもなくハードルの高いものだって思っていたんですよね。でも今では、ハードルなんてほとんど感じていません。むしろこれだけ簡単に楽しめるというか、ここまで気軽に楽しめるものなのかって自分で思っているくらいなので、経験って怖いなって思いますよね(笑)昔、風俗に対して緊張していたのは慣れていないのもありますし、良く分からなかった部分が多いからでもあるんですよね。でも、慣れてくると女の子にどこまで話して良いのかや、女の子との距離感も分かってきます。お店のフロントにだって別に委縮する必要がないってことも分かってくるので、そうすると風俗という世界観そのものを理解するようになって、それがやがては楽しさを生み出すことになるんだなって。だから今、風俗がとっても楽しいんです。それは自分自身が覚えたからこそでもありますよね。

自分は風俗があるから大丈夫です

風俗があるので、自分は大丈夫です。女の子というのは男にとっていろいろな原動力になるじゃないですか。だから、逆に言えば日常生活の中で女の子と接する機会そのものがなくなっていくと、欲求不満になるだけじゃなく、ともすれば自分のモチベーションも低くなるし、男としての自尊心そのものも損ねて行っちゃうと思うんですよね。でも自分の場合、風俗で定期的に女の子と遊べるので、それならそれで別に構わないというか、むしろそれで十分かなって思っています。だって女の子と性的に楽しみたいって思ったら、まずはその時間を自分なりにいろいろと工面しなければならないし、それに男としてのステータスだってあるじゃないですか。でも風俗ではそれらは不要なので、確実に遊べるんです。それが素晴らしいじゃないですか(笑)プライベートだと、自分の力量次第なので、努力が必ず報われるとは言い切れません。でも風俗ならお金を出せば確実に遊べて、男として満たされますしね。