風俗で見せた俺の本気

微乳。そこに待っていたもの

微乳風俗嬢と楽しんだのは初めてです。完全に興味本位です。どういった展開になるのか全然予想出来ませんでした。思えば別に巨乳風俗嬢相手でも事前に何を考えているとかではないんです。それなのに微乳ということであそこまで考えるという時点で、実際には微乳風俗嬢との時間を楽しみにしている自分がいるんじゃないのかなとさえ思いました(笑)相手のYちゃんは顔は可愛い系なんです。でも体は微乳。そこに若さがより出ていたなって思いましたね。そんな彼女との時間ですが、微乳ってこういったことが出来るんだなと思いました。敏感なのは噂通りですけど、微乳ということは巨乳よりも武器が一つ少ないようなものじゃないですか。その分かなり一生懸命頑張ってくれましたね。まぁこれは微乳というよりも彼女の個性なのかもしれませんが、あれだけ可愛い女の子が一生懸命なのも良かったですし、微乳であることを気にしている素振りが見られてのもまた、それはそれで素晴らしいなと。

風俗では燃えるのは悪くない

風俗くらい燃えても良いじゃないですか(笑)むしろ風俗以外では自分を出すのさえ憚られる世の中になっているんです。出る杭は打たれるって言葉もありますし、ちょっとしたことで炎上する世の中です。何も起こらないようにって無難に生活を送っているのが一番なんじゃないですかね(笑)だからこそ、自分自身が熱中するようなシチュエーションそのものもあまり無いんですけど、風俗の時だけはやっぱり特別かなって思うんですよね(笑)風俗で楽しんでいる時くらいは自分の好きなように、自分の気持ちに正直になって楽しむのが良いんじゃないかなって思うんですよ。だから風俗では自分の気持ちに正直になって、相手に自分のエネルギーを伝えるかの如く楽しませてもらうことも多いですね。でも、それは悪いことじゃないというよりも、勝手にエネルギーが溢れてくるので、風俗で遊んでいる時には仕方ない現象なんじゃないかなって思って自分でも割り切って炎えています。