風俗で見せた俺の本気

三回目かな。楽しんでいます

前回の風俗で三回目ですかね。まだまだ初心者の域を抜けていませんけど、楽しいのだけは事実です。三回目でもまだまだ本当に緊張しているんです。だからどうしようかなって思うこともあります。だって風俗嬢とかめっちゃ綺麗じゃないですか。あれだけ綺麗だと、緊張するなと言う方が無理なんじゃないですかね(苦笑)慣れてくればそれもまた違ってくるのかもしれないんですけど、やっぱり緊張しますよね。自分の中で風俗って相手だけじゃなく、自分の力量も問われているんじゃないかなって思うようになってきたんです。こちらの包容力というか、相手の実力やキャラクターを受け止められるだけの包容力があった方がやっぱり楽しいじゃないですか。まだまだ三回目ではあっても、そこは回数よりも男としての経験値なんじゃないかなって思うので、自分自身、もっともっと経験値を積みたいなと。そのためには、もっともっと風俗で遊ぶことが大切なんじゃないかなって思いました(笑)

風俗で分かってきたことがある

これだけ何度も風俗で遊んでいると、鈍感な自分でも分かることや見えてきたことはいくつかあります。特に自分の満足度に直結している部分として、相手だけに任せるのではなく、相手との調和や協調など、コミュニケーションも大切なものなんだなってことですね。相手がどんなことを考えているのかは分かりません。でも、分からないけど任せるのではなく、理解しようとする姿勢と、こちらもどういったことを楽しんでもらうのかの意思表示。これらが上手くミックス出来るととっても楽しい時間を過ごすことが出来るってことが分かってきたんですよね。つまりは風俗は自分だけで頑張るものでもなく、ましてや相手だけが頑張るものでもなく、相手の風俗嬢と自分が二人で協力するものだと。この事実に気付いて以来、風俗に対する考え方が変わったと言っても過言ではありません。楽しむための秘訣そのものが分かってきたような気がしますので、自分のすべきことも明確になったんです。